芸能

榮倉奈々と岡田准一の身長はどっちが大きいの??トレーニング画像が美しいと話題!

eikura eye女優・榮倉奈々さんは身長が高く、脚が長いですよね。

映画『図書館戦争』のときに「岡田准一と榮倉奈々の身長はどっちが大きいのか」について随分盛り上がったなあという印象があります。

 

そして、榮倉奈々さんは日頃から食事やトレーニングでスタイル維持やカラダづくりに励んでいます。

なので、その体つきは筋肉質で美しいと話題です。

どのような方法を使っているのかを知るために、詳しく調べることにしました。

では、順番にみてみましょう。

スポンサーリンク

 

榮倉奈々さんは鹿児島県出身で、雑誌『Seventeen』のモデルを務めた後に、女優へと転身しました。

榮倉奈々さんは身長をわざと小さく言っているらしく、プロフィールでは身長を170センチとしていますが、実際はもっとあるのではないか、といわれています。

 

岡田准一はチビ!?

 

映画『図書館戦争』で共演しているV6の岡田准一さんについて、「岡田准一身長サバ読み説」が浮上しています。

公式プロフィールでは身長170センチだとしています。

 

岡田さんが大河ドラマ「軍師官兵衛」で主演を演じているとき、妻役の中谷美紀さんと比較して岡田さんの身長があまり変わらないと感じる視聴者が多かったそうです。

okada nakatani

 

これに加えて、図書館戦争のポスターは榮倉奈々さんと背中合わせでうつっているのですが・・・

okada eikura

 

榮倉奈々さんのほうが肩・頭の位置が高いようにみえます。

もしかしたら、岡田准一さんは170センチ無いのかもしれないです。

 

有川浩さんの原作によると、榮倉奈々さん演じる笠原郁が身長170センチのモデル体形な生徒で、岡田准一さん演じる堂上篤は身長165センチの教官という設定です。

 

なので、榮倉奈々さんは岡田准一さんより身長が高くても構わなかった、ということになります。

 

ジャニーズのタブーを破った!!

 

身長の話題が続きますが、背が高い女優さんは通常ジャニーズタレントとの共演を嫌がられます。

しかし、図書館戦争では設定の都合で、今までのご法度が活かされることになりました。

 

そして、本編では郁が堂上教官に向かって「チビ」と罵るシーンがでてくるなど、ジャニーズのファンからは「禁断のシーンだ!」と絶賛されるようになりました。

 

榮倉奈々さんは雑誌のインタビューでも、身長を気にして猫背気味になってしまうと話していたことがあったそうです。

しかし、『図書館戦争』シリーズでは堂々と堂上教官を見下ろしています。
映画の役柄を通してですが、「伝統あるジャニーズのタブーを破った」とマスコミ関係者の間で話題でした。

 

その他男性の俳優の方々と並んでも、身長差がさほど感じられないことが多いので、榮倉奈々さんは身長が170センチ以上ある可能性が結構高いです。

 

 

トレーニング姿に見とれてしまう!!

 

榮倉奈々さんは2015年11月にアディダスジャパンのトレーニングアンバサダーに就任しました。

2016年1月20日の新キャンペーンのコンセプトムービーに出演して、トレーニングに取り組んだ動画が公開されました。

新作のウェアを着用し、汗を流しながら真剣に自転車マシンにまたがり、体を動かしています。

eikura training1

アディダスジャパンの新しいキャンペーンのメッセージは“I GOT THIS”です。

日頃からトレーニングに真剣に打ち込むタフな女性に焦点を当ています。

 

動画の榮倉奈々さんを見ると、腹筋のラインや限界を超えるために一生懸命な表情に、誰もが惚れ惚れしてしまうでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です