勉強 · 恋愛

受験勉強と恋愛のバランスは恋人とのモチベーション次第!両立する難しさは東大級!?

受験と恋愛の両立はできるのか!?

この疑問は、いつの時代でも話題になるものです。勉強と恋愛を両立させてこそ、学生ですからね!

世の中的には恋愛は勉強の妨げになるとされていますが、受験シーズンに恋人がいることで、勉強をもっと進めるコツがあります。

勉強も恋愛も両方とも充実させたい学生のために、この記事では「自分の恋愛をどのようにコントロールするか」を把握しておきましょう!!

部活命だった人も、目の前の課題に必死だった人も、遊びまくっていた人も、受験勉強は避けて通ることはできません。将来の夢や志望校に向かって行動するのみです!

スポンサーリンク

 

恋人のおかげで志望校に合格できた♡

例1 彼(彼女)がとても勉強ができる人だった

恋人が成績優秀の人ならば、勉強を教えてくれると思います。彼らは、「人に勉強を教えることは自分が現時点でどれくらい理解しているかを確かめることができる」ことを知っています。

勉強が苦手だという人も「いつも勉強を教えてくれるから、もっとできるようになりたい!」と成績を上げる気持ちが強くなっていくでしょう。

2人ともが勉強する覚悟を持っている前提です。親のために、とかで勉強している人ではないことが条件です。

 

例2 悩みを聞いてくれた

スランプに陥ったとき、相談にのってくれることも恋人がいるメリットですね。受験勉強を経験しているからこそ、教師などの大人に相談するよりも親近感が湧くので、苦しみを分かち合う絆を作ることもできます。

友だちには恥ずかしくて言えない辛さだったとしても、恋人の前でならさらけ出すことができるかもしれません。恋人の前でこそカッコつける気がしますが「みっともない自分」を晒す勇気だけを持てば、大丈夫ですよ。

 

そもそも両立するコツは!?

受験勉強が理由で別れる人が多いのが現状です。そんな中、受験生でも恋愛を充実させるコツや実際に成功した組の共通点は精神的に大人だというものでした。

 

例1 前から長く付き合っていた

1・2年生の時からつきあっているご長寿な方たちは、燃え上がる激しい恋の時期を過ぎて、落ち着いています。

受験生のナイーブな時期にはお互い性格を熟知しているので、勉強と恋愛の切り替えが上手くいくのです。刺激に依存した恋愛ではなく、自分の調子を整えるための大事な存在として恋人を持っています。

 

例2 勉強したくて勉強している

自分から勉強したくてしている人は、あんまりいないかもしれないですが、今の勉強が人生を左右すると分かっている人恋愛が楽しくて仕方がない人とでは、差が明らかでしょう。

成功する2人は「自分も彼氏(彼女)も勉強したいし、偏差値を上げたい!」ことをちゃんと理解して、実践しています。

 

例3 一緒に勉強するわけではない

勉強について「ここが分からない」などと話はすると思いますが、同じ机で肩を並べて仲良く問題を解くことはしません。

同じ予備校に通っていたとしても、1人で集中した方が自分にとっても相手にとってもいいことだと分かっているのです。自習室で隣に座ったりとかもしません。

自分の成績が上がるためにも、1人の世界を作って勉強する姿勢は精神的に大人だと思います。

 

スポンサーリンク

 

受験生カップルは勉強と遊びのギャップが激しい

「進学校あるある」とでもいいましょうか。頭がいい人は遊びのクオリティが桁違いにぶっ飛んでいます(笑)

他にも日常生活の些細なことでは

  • 食事中に勉強の話をしない
  • 絶対に休む
  • ふざけるときもある

など、恋愛だけでもなく勉強だけでもなく、偏った日々をおくっていないことが特徴です。

 

受験生の生活が充実したものになるためにも、恋愛を薬にするか毒にするかは自分と相手次第です。

勉強も恋愛も個人を成長させるので、決して無駄なものではありません。上手にやりくりして受験生活を乗り切ってください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です