ライフスタイル

【メイク】韓国と日本を比較!K-POPアイドルは舞台仕様なので100%真似だと濃い

次々と綺麗を作っていく韓国人には脱帽です。実際に韓国人のメイクを真似するとき、1番やりがちな失敗例は、K-POPアイドルのメイクを完璧に真似してお絵かき状態になってしまうことです。

あれらは舞台用なので、特別に濃いです。

日本人が日常のメイクで参考するには、一般の韓国人が日常で行うメイクを知る必要があります。

そして、メイクが映えるように日頃からスキンケアに気遣いましょう!

スポンサーリンク

日本でメイクといったら・・・

  • 頬骨が上がるところに丸チーク
  • 茶色グラデーションのアイシャドウ
  • 目尻が跳ね上がったアイライン
  • まつげに長さを出すためのマスカラ
  • コーラル系のリップ

一方、韓国では

  • 陶器肌になるベース
  • まっすぐ平行な眉
  • チークは塗らない
  • ぷっくり涙袋
  • 赤リップ

こういうイメージですよね。

では、アイドルメイクしか知らなかった人の韓国メイクの常識を覆し、リアル一般の韓国人のメイクをするコツをまとめました。

 

韓国のナチュラルメイクHow To

■FACE

まずメイク前に丁寧に保湿をします。朝に洗顔するorしないは個人差があるそうです。

あとはウユクリームを塗ったり、水分たっぷりで乾燥しない練りファンデーション(クッションファンデの次に韓国では流行しているもの)を塗ります。

これが塗ると白くなるウユクリームです。

※韓国の美容法でウユクリームを寝る前に塗って美白を狙っている人がいますが、ウユクリームの白い物質はれっきとした化学物質なので肌のためにも、おすすめしません・・・

 

歴史的にみても、日本で売っているBBクリームは、もともと韓国の医療用ファンデーションが関係していることから、韓国ではベース作りに力を入れていることが分かりますね。

■EYES

右が韓国人・左が日本人です。

 

そもそも目の形が違います。こればっかりはしょうがないですよね。

ちなみに、学校でもカラコンをつける人ですか?

韓国で人気の色はチョコ、ブラウンで、韓国のカラコンサイト、ザピエルやポップレンズには学校用カラコンのページも作られるほどです。

ただ、日本の男子はカラコンが嫌いなので、モテるかどうかはちょっと微妙です。

アイラインを強調させたとしても、ナチュラルに仕上げる傾向があります。アイドルのように跳ね上げるアイラインではなく目尻は下げます。

 

■LIP

韓国でも一時期はヌーディーに仕上げるメイクが流行ったのですが、赤リップが数年くらい定着していますね。日本の赤リップメイクをちがうのは、グラデーションをつくることでしょうか?

ただ、韓国でも普段メイクではコーラルカラーを愛用するそうです!

つやっとしたティントを唇の中央・内側だけにのせて、指でぼかすorマットリップを使ってコーラルリップを楽しんでいます。

 

スポンサーリンク

先ほども取り上げましたが、日本人と韓国人は顔の骨格がちがいます。なので韓国人がやっているメイクを骨格が日本人の人が真似すると妙に変な感じになってしまいます。

  • 目は切れ長で半円形(さほど丸くない)
  • 自眉がしっかりある
  • 全体的に骨っぽいorのっぺり

日本人は、メイクを真似するというよりも韓国人の骨格に似せる意識で顔を作ったほうが、韓国人の顔に近づけることができます。

特に、最後の骨っぽいorのっぺりは頬がぷくぷくしていることが多い日本人にとって1番重要でしょう。

韓国が好きな人なら眉をまっすぐにすることとかは各自でやっていると思います。たまに四角い眉になっている人を見かけますが・・・(笑)

韓国人は美容に敏感なのはもちろんですが、案外ナチュラル思考でしたね。是非、練習を重ねて韓国人にそっくりのメイクをして楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です