学校生活

学校でばれないカラコンとメイクが知りたい高校一年生へお知らせです

 

makeup1高校一年生は「やりたいことをやって先生や先輩に怒られないか?」が気になってしまいますよね。メイクやカラコンがその代表例です。

市場では数え切れないほどのメーカーがカラコンや化粧品を売っています。自分はどれを買ったらいいのか迷って決められないことも多々あります。(先に書いておくと、この記事はオススメ商品をまとめた記事ではありません)

では、実際にカラコンもメイクもやって良いとして、高校一年生はどんな感じに仕上げたらいいのか?最も気になるこの疑問を考えていきましょう。

スポンサーリンク

スクールメイクを学ぼう1年生

メイクできるようになると、大人のエチケットを1つ身につけた感じがして嬉しくなりませんか?

■道具

  • カラコン(好きなもの)
  • 日焼け止め効果がある下地
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー
  • パウダー用のパフまたはメイクブラシ
  • アイブロウ
  • (アイブロウを描く筆)
  • アイシャドウベースまたは馴染みのよいアイシャドウ
  • リップ

道具は列挙するとこんな感じですね。

 

■先輩は後輩を可愛いor不細工のどっちかでしか見てない

メイクはよく顔面工事とからかわれることがありますが、整えるという意味では忠実に表現している言葉だと筆者は思います。テキトーに人気商品を買って塗り絵みたいになっている人が駅のホームなどにいますが、そんな人に教えたいジョークですね!

学校 メイク

お顔に補正を書ける意識を持ちましょう。そうすると手にする持ち物が徐々に変化しますよ。

 

また、先輩に何か言われないかどうか気になるあなたへ。

先輩は何も言いません。

 

あなたがカラコンしてようがメイクしてようがすっぴんだろうが(笑)

心の中で思ったり、先輩の友だち同士で話題にするくらいで、あなたには直接口はだしてきません。なぜなら赤の他人だから。もしかして憧れの先輩に対して激可愛い自分なら声をかけられるかも?と淡い期待を寄せていましたか?それはあるかもしれませんね(笑)

 

ただし、生意気だよお前!!とは言われることは2017年にもなった世の中では起こらない出来事だと思います。

 

スポンサーリンク

 

生徒指導に引っかからないかどうか?

カラコンをしているのがバレて、先生に怒られないだろうか?と気になりながらも、実際はカラコンしたい!と思っているあなたへ。残念なお知らせです。

 

先生にはカラコンもメイクも100%バレます。

 

ただし、注意されないですむことも多いです。気づいているけど何も言ってこない状態です。

それでも自分の「カラコンつけたいもん!」「メイクしたいもん!」を我慢しないでいくのか、「え~・・・それならいいや」と諦めてしまうかは、あなたに任せます。

 

常日頃から「先生に何か言われると面倒だしな・・・」と感じているあなたは、自分のことを注意される自信がある問題児だと認識していることを気づきましょう(笑)

カラコン 学校

 

まとめ

カラコンをつけているかどうかは見たらわかります。学校の先生は毎年何百人と生徒を何年も見ているプロなので、カラコンで顔つきがちょっと変わると一瞬で気づきます。ひょっとすると、あなたの友だちよりも速いです(笑)

職業病の影響で、意識して見張ってなくても分かってしまうのです。

 

しかし、カラコンをしても怒ってこない場合は「気がついているけど注意するほどでもない」と思っているからです。そういう先生は学校の成績とカラコンは無関係だと考えているのでしょう。メイクも同様です。

「カラコンしているから勉強できない・成績が落ちる」はつながりがないですよね。テストの点数が下がるのは勉強をしなかったときであってカラコンをつけているからではありません。

 

 

ただし、覚えててほしいことは、カラコンをつけてない素眼のあなたのほうが異性にはモテるしお金もかかりません。健康にも被害は及ばず、作り物で飾らない眼やお顔のまま可愛くいられる最強の自分でいられることを。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です