ライフスタイル

学生は大人になる前にノートパソコンを調達しよう!のススメ その1

 

学生の誕生日プレゼントは、ノートパソコンが最高だと思います。モノ以外だと経験を送るのが素晴らしいと考えています。

そこで、この記事では、誕生日に特に何も欲しいものがないって人も、おねだりすると断られる厳しい家庭だから無理だろうな・・・と感じている人も、読んでほしいものになりました。

ちなみに、自分だけのノートパソコンは持っていますか??

スポンサーリンク

なぜノートパソコンを持つべきか

■キーワードは「発信する」ため

現在を生きるために必須の能力は発信する力です。

情報発信

学校では人前で意見を発表しますね。これと本質は同じです。

学生という情報を読み込む感度が敏感な年齢だからこそ、(口では直接言えないことも含め)自分でまとまた文章を伝える環境が必要です。

 

ノートパソコンを駆使して、主張したい自分を自由に表現できる(=情報発信する)オリジナルの媒体を作ってほしいからです。

 

他にも、パソコンを使ったメールの書き方やエクセル・パワーポイントなど、社会にでたら必須の能力がありますよね。あなたの周りの大人はこれを教えますか?

残念ながら大学では情報系の学部ではない限り、本格的に「パソコンの使い方」を教える授業はありませんし、成績のために勉強しては身につきません。

 

文章で意見をまとめる経験をLINEないしはTwitterでほとんどすましてしまう時代がゆえに、個人としての意見を他人に話す機会が格段に減少しています。

その結果、「自分の意見」というものを持たない機械のような人がいます。(長年、言うことを聞きなさい!と言われ続けたり、批判が怖くて自ら「手のかからない人になろう!」と努力してしまうからです。)

 

だからこそ、ネットサーフィンで暇つぶしをするだけではなく、摂取した情報を自分以外の人に教えるように発信するスキルを習得しましょう。

 

親に危険だと言われそうだ思う人もいるでしょう。10代の子どもが自分だけのパソコンを持つことで、数々の心配事が浮かびますよね。

 

意外なことに、大学生ですら自分のノートパソコンを持ってな人が多いです。

 

日本は、学校での勉強方法がアナログで紙と鉛筆ばかり使います。(これは知識をインプットする目的なら良いこと)そして、インプットした知識をアウトプットする回数が格段に少ないので、実生活に直結する技術を学ばないまま年齢だけ重ねてしまうのです。

 

そしてレポートと卒論の他にパソコンを使ってこなかった結果、ざっくりどんな大人になるかというと、昨今メディアで騒がれている「スマホばっかりでパソコンの使い方が分からず仕事の役にたたない」系の人です。

 

特にそんな仕事をする気がない人でも、パソコンを持ってて使えるようになるとメリットはいっぱいあります。むしろデメリットが思いつきません。

 

 

スポンサーリンク

 

自分のノートパソコンで何したい?

■何よりも貴重なスキル「自分の意見を発信する」

前のほうに、「意見を発表する感覚で、インターネットでは意見を発信する」という内容を読みましたね。

ノートパソコンは意見を発信する道具になります。
もっと細かく言うと、ブログを書いたりYouTubeに動画を投稿したりすることです。

自分の意見

スマホでも不可能ではないですが、作りやすいのは圧倒的にパソコンです。

ブログは無料のものと有料のものがあって、クオリティが高く仕上がるのは有料ブログです。
年間1万円~くらいで、月1000円ほどの費用で作成できます。

動画もカメラとマイクを用意すれば準備完了です。

 

よく分からないけど、楽しそうだからブログやってみたい!って人は、無料でブログを作ってみて自分なりのこだわりが生まれてきたら有料に切り替えるのもGOODかと思います。

 

ここまで読んでみて「自分には成績低いから、もっと勉強しないといけないし、パソコンって遊ぶのにしか使わないって怒られそう。」などと感じる人は、最後にこの記事を読んでください。

 

親は、子どもにとって責任をとる人がそばにいる時期に、失敗を重ねて迷惑をかけて経験を積む(それも「迷惑かけていいんだ」と安心を実感しながら)ことの貴重さは理解しているの思うので、ぜひ怖がりながらも実践してください。

 

長くなってしまったので、次の記事では具体的にどれを選べばいいか?と書きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です