勉強 · 学校生活

まずは参考書1冊と単語!!初心者必見・英語のシンプルすぎる勉強法その2

英語 初心者

大人になって英語を学び直す人が増えています。
学生時代はあんなに嫌いだった英語の授業を、仕事の関係だとか教養を身につけるためだとかで、もう一度やり直すのです。
学ぶことの快楽を知っていて、それを求めて勉強する人ならいいのです。
しかし勉強をする習慣がなかった人にとっては英語の勉強は拷問です。

また、現に学生の人でもイマイチ勉強が好きでない人がいます。
というか、個人的には
・嫌いで嫌いでしょうがないけど、義務教育だから仕方なくうけてやるか。
・まあ高校生になるのは普通、大学に行くのも普通(一応ね)

といった考えの人が大多数を占めている感じがしてなりません。

そんな人が勉強をするには、勉強=苦しい労働という固定観念を消す必要があると思っています。

スポンサーリンク

この記事は、シンプルすぎる英語の勉強法その2です。
シンプルすぎる英語の勉強法その1はこちらです。
(学力が低い人向け、ほぼ定期テスト対策に特化)

この記事は、
・予習復習テスト勉強が上手くいかない高校生
・語学に目覚めた人
などに読んでほしいなあと思います。

 

◆勉強にモヤモヤしてる高校生の解決策

英語を根性で勉強した中学時代から一転、高校に入学していきなり文型だの品詞だのいわれて戸惑っている人は、少なくないでしょう。部活がハードになって、塾に通わなくなるので、何をしていいか分からない状態になります。

 

→予備校に入る(最高の解決策)

中学のとき、塾が大好きだった人は特に、予備校に入ることを推奨します。
高校の先生よりも予備校講師のほうが授業が上手いことがよくあります。

自分の子どもが「勉強したい」と言うことには反対する親御さんはいないと思います。
むしろ喜んでくれるのではないでしょうか??
子どもの教育に投資してくれる親御さんに感謝ですね。

 

ここで、高校側・予備校側それぞれのトラップがいくつかあります。
まずは高校側の1年生はどこかの部活に絶対に入ることです。また、高校では塾に入る必要はありませんとも生徒に言います。根本的に10代は素直なので、愚痴を言いながらも先生のいうことは信じてしまうのです。

 

高校は大人数の生徒を管理できるのが学校の中しかありません。
部活に絶対に入ることは自分の学校の大事な生徒を極力学校の中で見張っておけるようにしています。

良い響きになるように言えば、外部からの様々な刺激から生徒を守る。
悪い響きにになるように言えば、学校以外の余計な活動には参加させない。

部活大好き!チームプレー最高!!青春!!!の盲目な人もいらっしゃいます。
その方は部活を通して素敵な経験をしているので、ぜひ部活に時間を注いでください。
個人的には、違和感を感じたり、部活のせいで勉強できないと嘆く人は部活に参加しないほうがいいと考えています。
そんな高校生には部活よりも勉強とバイトをガンガンしてほしいです。
あとは、昔から続けている習い事ですね。

 

さて、アツくなってきたので、軌道修正をしましょう。
予備校側のトラップは授業をとらせまくるところです。
予備校はやっぱり授業をたくさん取ってくれる人が多いと儲かるので、特に最初は注意です。

1年生2年生の賢い予備校の利用方法は、最小限の授業数にとどめておくことです。
予備校で受ける授業が少ないかわり、自習室は使いまくります。
テスト期間はもちろん、それ以外でも自習室の住民になります。

1年生2年生は学校の予習復習=予備校の自習室でやるものにしてほしいくらいです。
授業数が多くて、予備校の宿題・学校の宿題、もう無理~となると本末転倒です。
授業は週1で自習室を毎日利用する人でも、入学さえしてしまえば予備校は大歓迎してくれます。

たまに「もうちょっと授業を増やしたらどうですか?」と勧誘されますが、強めに断っておけばいいです。
とにかく、予習復習したいときは、予備校の自習室が1番です。

高校に入って自由になりすぎたために、何やっていいか悩むタイプの人は、環境を用意すればあとは勉強できます。
先に学校の教材を消化しておくことがメンタル的にも安心できますし。

何を隠そう、この記事は過去の筆者に対して言っているものです。

もともと学ぶことは大好きですが、自分がいる環境によってはつまらないものと汲みとってしまいます。筆者は高校時代(志望校なのに)ほぼ全ての授業がビックリするほどつまらなかった経験があります。(他の面で不満はありませんでした)

 

スポンサーリンク

 

 

◆語学に目覚めた人

やりがちなのが、「どの英会話学校がいいですか?」「どんな教材がいいですか?」と延々と調査し続けることです。事前に調べることは言うまでもなく大事ですが、度を越した計画オタクの泥沼にはまらないでくだいさい。

やりたいのは、質問サイトに投稿すること?ひたすら良書探しのためにググること??どんな勉強法がいいのか検索し続けること???

語学を勉強したい人がやりたいのは上記のことではないですよね。

 

■4技能を使う頻度を増やす

4技能とは、「話す聞く書く読む」のことです。

挑戦しやすいのは聞くと読むで、難易度があがりますが能力が身につくのは話すと書くだと思っています。

参考書なんて、極論「何でもいい」です。何もしていない人は最初に行動を起こすことが大事で、そこに使われる教材は重視しないで大丈夫です。熟知している人なら〇〇社はいいよ!などいいますし、判別は次第に自分の感覚で養われていきます。これはいい・悪いはあとから身につくものです。

何かしらの参考書を手に入れたら、音声を聞いたり単語を読んだり、単語を移してみたり自分の声に出してみたりしてください。毎日10分なんていわず、一気に好きなだけ進めて構いません。

この4技能を使うことに関して、お手本は「子ども」です。百科事典を手にした子どもは「うわ~!何これ!!」といいながら目をキラキラさせています。ぜひ外国語を目の前にして、目をキラキラにしてください。

注意事項としては、参考書は何冊でも消化していいですが、最初から最後の1文字まで制覇してから次のものに移ってください。うすーいペラペラのもののほうが達成感をすぐ味わえるのでオススメです。おかわりは今あるものを残さず平らげてから、といった感じでしょうか。

 

■具体的に4技能を養えるもの

映画・洋楽・雑誌とかじゃないでしょうか。あとはYouTubeです。これらで目にした・耳にした単語を書く練習をすれば完ぺきですね!

また、気に入ったフレーズは積極的に声にだしてみてください。会話のネタにもなってオススメです。どんな作品がいいかは、行動をおこした後に気にするものです。まずは、自分がピンときたものをやってみてください。

 

◆良い環境に飛び込む&やってみる

シンプルすぎる英語の勉強法その2は今より良い場所に行くことと実際に自分の体を動かすことでした。その1よりは抽象的ですが、シンプルなことにかわりありません。テキトーすぎるという意見もあるかもしれませんね。笑

習うより慣れろということわざがありますよね。今回は慣れながら習っていけでした。

シンプルすぎる英語の勉強法その3は塾や学校で教えることが苦手なアレにが鍵になっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です