ライフスタイル · 制服 · 学校生活

うねる髪の毛に別れを!!~梅雨の湿気対策大作戦(うねり編)~

 

前髪 うねり

雨は好きですか??
個人的には、(静かな場所にいるとき限定で)雨の日は好きです。
傘をさして歩くことは嫌いではありませんし、水のパワーを感じられるので、雨の日ならではの楽しみを満喫します。

ただし。梅雨のように何日も雨がふると困ってしまうものがありますよね。
靴がないとか?
チャリ通できないとか?
頭が痛くなるとか・・・

 

今回のテーマは、髪の毛です。
雨がふっている日、毎朝の髪の毛をなんとかするのって地味に苦戦しませんか!?
鏡でボンバーになっている姿をみて落胆したことが何度あるか・・・

前髪クネ男くんとかうねりん子さんとかになりますよね。
しかも、家をでるときはバッチリなのに、学校についたら元通りになるのがオチです。
髪の毛は、わがままの度を超えていると思います。笑

スポンサーリンク

このように、筋金入りの頑固な髪の毛にどうやって対処すればいいのか、調べてみました。

日本人のほとんどは髪の毛がうねりやすい髪質を持っています。
およそ70%の人がくせ毛だそうです。
人生で一度もヘアカラーやパーマを経験したことがない髪の毛でも、毛根がまっすぐじゃないことがよくあるので、うねりやすいです。
「髪のうねりは遺伝だ」と言われているのも、日本人の70%は毛髪が楕円形になるからでしょう。

 

◆ストレートにしたいんですけど・・・

天然パーマやひどいくせ毛をサラサラの直毛にしたいとき、ストレートパーマや縮毛矯正を試みると思います。
学校の校則などで、髪の毛をまっすぐにしないといけない場合もありますよね。

しかし、特別な理由がないかぎり、これはあまりオススメしません。
「梅雨の間だけうねる」という人はヘアアレンジで回避するほうが、髪の毛にとってはダメージが少ないです。

たしかに縮毛矯正はプロの手でしっかり髪の毛をストレートにしてくれますが、ストパーや縮毛矯正はブリーチと同じくらい髪の毛に負担がかかります。一見、まっすぐになったように思えても、「その後のヘアケアは今までと同じ」人が多いので、髪が早く傷む原因になります。

普段、ヘアアイロンをひとなでして手触りよくなる髪質の人には必要ないと思います。

「特別困っていることはないが、雨の日に少し手を加えてストレートにさせたい」と思っている方は、湿気対策をひと手間加えることでうねることが少なくなると思います!
うねりで困っている人は、健康な髪質にすることを目的に日頃のケアを変更しましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

◆脱くせ毛!なヘアケア法(難しくないです)

 

きっかけは雨によるうねりをなんとかしたい!と思ったことでも、ケアを続けていると健康な髪質に変化するかもしれません。
今までのシャンプーやドライヤーによるダメージは、短時間で改善できるものではないです。
それでも、健康な髪の毛になると人生変わると思うので、実践してみてください!

 

→キーワードは「しっとり」!!

傷んだ髪の毛は髪の毛の水分量が多いです。
遺伝以外で、うねり・ダメージを受ける最大の原因は「水分の侵入」です。

1本のスパゲッティはゆでる前はまっすぐです。
また、食べごろも水分バランスが整っていています。

しかし、水分がある部分・乾燥している部分が混在するとどうでしょうか?

髪をまっすぐにするには、髪の根本から毛先まで均一な水分量であることが条件になりますね。
また、コーティング(キューティクル)が剥がれていないことも、ストレートであるための絶対条件です!

 

■シャンプー
市販のシャンプー・美容院で売っているサロンシャンプー、どちらでもいいです。
(サロンシャンプーは高価でなかなか手がでない!人もいらっしゃいますし)

が、髪が「しっとり」するものを選びましょう。
今までサラサラで軽いものを好んで使っていると、重たく感じるかもしれないです。

そして、どの長さの人でも、シャンプーの前にブラッシングと予洗いを行ってくださいね。

 

※※※禁止事項=トリートメントが馴染むようにくしでとかす※※※※※

温泉などで見たことがありますか?
ご高齢の方が、濡れた髪の毛に何かクリーム的なものをつけてくしで髪をとかしまくっている姿を。

見たことない人もいるかもしれないですが。笑

せっかくのトリートメントがくしに付着して髪に浸透しないので、やめましょう。

 

■ドライヤー
冒頭で「毛根がまっすぐじゃない~」という話題がありました。
髪の根本が乾くように上から風をあてましょう。

表面→熱い・内側→濡れている状態をよくやりがちです。
きちんと乾かしましょう。

 

■トリートメント・スタイリング剤
水分の侵入がうねりの原因です。
なので、トリートメントをつけるとしたら、オイルタイプやクリーム系を選んでください。
寝る前の洗い流さないトリートメントは健康な髪質に改善させるのにピッタリです。

 

また、日中に髪がゴワゴワになるのが嫌!な人は軽くスプレーしてからお出かけしてみてください。
ジメジメした環境で水分が髪に侵入するのを防ぎます。
パリパリにならない程度だったら、できそうですよね。

 

 

◆海苔巻きでいう「酢飯の補充」「海苔の修復」

ラストに。髪を海苔巻きで例えることが多いので、海苔巻き考えてみましょう。
綺麗な海苔巻きは、のりがボロボロじゃなくて、中の酢飯がぎっしりつまっています。

もし、ダメージがある髪だったら、この海苔巻きは酢飯がスカスカ&海苔がやぶれている状態といえるでしょう。
そんな海苔巻きだったら、すぐ海苔がしけって、酢飯はパサパサになるのではないでしょうか?

健康な髪質にするには、酢飯を敷き詰めて、パリッとした破れてないのりで巻かれている状態にしてあげてください。
そうすると、水分量を維持しつつ、外部ダメージにも強い髪になるでしょう!

 

美髪は持ち主も見ている人も良いものです。
雨で憂鬱になってしまう人が元気になるように、今年の梅雨は誰もが悩む「髪の毛対策」を先手必勝で解決することを提案します!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です