ライフスタイル · 学校生活 · 部活

【アネッサVSアリー】2大最強日焼け止めを徹底比較【海でも焼けない】

 

誰もが憧れるキレイな肌になりたい!

このような美肌願望が強い人は、日頃のスキンケアに力を入れていることでしょう。
そのスキンケアの1つに紫外線対策がありますよね。
本格的に暑くなる前に、こだわりの日焼け止めと出会って、夏を乗り切りたいものです。

星の数ほど販売されている日焼け止めの中で、ANESSAやALLIEが気になっているのは「誰もが憧れるキレイな肌になりたい!」!という意志が表れているからでしょう。
薬局に売っている日焼け止めの中でも高価な部類に入りますし、SPF値もずば抜けて高いですし。

かといって、全く肌を露出せずに外出するのは、遊びに充実した夏を過ごそうとしている人には不可能に近いですよね。
なので、オシャレと美肌を両立するには、強力な紫外線と闘うことが必須です。
では、そんな紫外線に立ち向かうのに最高の相棒は、ANESSAとALLIEのどちらなのでしょうか?
それぞれの特徴をみながら比較していきましょう!!

スポンサーリンク

おまけ♡

日焼け止めって危ない成分がたくさん配合されているとか、怖い話も目にしますよね。しかし塗らないよりも塗ったほうが美肌な将来を約束してくれる事実はゆるぎません。

個人的に興味を持ったので、大半の人なら絶対に意識することがないであろう疑問を調べてまとめました。自信作です!

日焼け止めを塗って紫外線対策できる理由

 

始めはドラッグストアの3桁で販売されているもので満足していたものの、自分の美意識がだんだん高くなり、美容に投資する額が高くなっている・・・

この記事を読んでいる人には、このような傾向を持つ人が少なくないかもしれないですね。
スキンケア商品にしろ、メイクコスメにしろ、自分と相性があうもの・求めるキレイが多くなって、美容に関する向上心があがっていますね。

今回は、日焼け止めについて、人気2トップのANESSA・ALLIEを比較していきます!

まずは、比較する日焼け止めをみていきましょう。

 

◆ANESSA

パーフェクトUVアクアブースター

金のアネッサ

俗に言う「金のアネッサ」です。
アネッサが資生堂生まれということもあって、名前だけでファンになる人もたくさんいます。

毎年アネッサを使い続ける方も多いので、信頼性が高いしるしですね。
塗る前に容器を振るタイプで、昔ながらの二層式です。

 

◆ALLIE

エクストラUVジェル(ミネラルモイスト ネオ) 

allie

ALLIEはカネボウ生まれです。
カネボウといえば、白斑問題が話題となりましたよね。

ただし、白斑の被害を作るために、わざわざ美白化粧品を開発しているわけではないです。
このALLIEも日焼けで悩む人が減ってくれるように、キレイな肌を保てる人が多くなるように作られています。

 

◆比較1 テクスチャ

ANESSA→乳液タイプとジェルタイプの中間
ALLIE→(一応?)ジェルタイプ

どちらもサラサラした塗り心地をウリにしています。
ジェルタイプの分野で販売していることがほとんどですが、構成する成分を見ていくと、THE・ジェル!というわけでもないです。

アネッサはジェルタイプ・乳液タイプで主流の成分が両方とも多く配合されています。
アリィーはエタノール多めなのでさっぱりしていますが、濃厚な粘っこさがあるジェルにしています。
ジェルタイプ特有の伸ばしすぎて全然塗っていない状態を回避するためです。
塗る量の不足で日焼けする被害を防ごうとしているのだと思います。

あとは、肌に不快感を感じさせないように、開発者が苦労に苦労を重ねて、たくさんの粉と油(美容成分)が配合されています!!
同じSPF値で価格に差がでるのは、ここだと思います。
・紫外線対策だけできたらオッケーなのか
・肌当たりがバツグンに良い&紫外線対策できるものなのか
どうやって日焼け止めが作られているか本気で調べたら、今のご時世みたいに好き勝手にクレームなんて言えないなあと痛感します。

 

 

◆比較2 ウォータープルーフ

ANESSA→アクアブースター技術(という名の以前と変わらない処方)
ALLIE→W/O乳化(water in oil型)昔ながらの処方

2016年のアネッサは昨年と違うのはアクアブースターというものですね。
汗に反応して~ってやつです。

ところが、どうやら今年になって開発された技術でもないらしいです・・・

化粧品解析を行っている方々のブログには
・2016年は特に宣伝文句がないからウォータープルーフについて言っておくか
・今まで温めておいたネタを開放するときがきた!

などの見解をする記事がたくさんあります。

 

一方、アリィーは日焼け止めの王道の作りで、これは流行とは正反対です。
さっぱりしたテクスチャを維持しつつウォータープルーフも両立させるのはすごいですね。

ここまできたら好みの問題だと思います・・・

 

◆比較3 紫外線吸収剤

ANESSA→少ない数で最大の効果を狙う
ALLIE→定番のものと新しいものを組み合わせて安全性を狙う

紫外線吸収剤が入っているから、日焼け止めは塗ったらダメ!などと言ってるオーガニック主義やら何もつけない系な人もいらしゃいます。
個人的には、紫外線吸収剤が配合されているから日焼け止めとして成り立ってくれていると思う派なので、相性が合わないor紫外線アレルギーみたいな場合以外は気にしなくていいのでは?と考えています。

 

スポンサーリンク

 

◆ANESSA派とALLIE派に別れる理由

もし日焼け止めがこの世にひとつしかなかったら、どれを使おうなんて悩むことなくなりますよね。笑

2000円台の日焼け止めでは、2トップとして長年君臨し続けるANESSA・ALLIEですが、はっきりと好みが別れる理由は以下のようなものがあると思います。

・資生堂vsカネボウ
→永遠のライバルですね。技術が向上してくれるのはライバルのお陰です。

・イメージモデル
→ANESSAは真木よう子さん、ALLIEは西内まりやさんです。
消費者の年齢層が分かれそうですね。

・他の化粧品との相性
→自分が普段使っているお化粧品をよく見ると知らずのうちに会社が揃っていることがありますので。

 

女性なら口コミで人気がひろがることがありますから、お店のおすすめよりも自分の周囲で使用されているものを自分も使うことで紫外線対策してる自分を演出することができますね。

日焼け止めについて、あれこれ勉強することや調べ物をすることはすごくすごく楽しいですよね。
この記事をきっかけに紫外線対策について自分なりにどうしようか、どんな美肌にしたいのか楽しく悩んでくださいね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です