勉強

【文系数学】大学受験の鬼門!!チャートを使った超シンプルな勉強法!

文系 数学

数学が苦手で文系を選択したのに、大学受験で数学が必須でどうしよう・・・
国立大学志望の人や、英国数で受験しようとしている人で、数学がネックでしょうがないという人が毎年一定数います。

 

もし、今文系の高2なら、今のうちに数学の苦手意識は崩しておくべきです。
高3ならばとにかく問題を解いて経験を積むしかありません。

数学の勉強で使用する参考書は、なんといってもチャートでしょう。

教科書を読んで基礎を知ることはもちろん、チャートで簡単な例題から入試レベルの難問まで解き進めることで、数学の実力を伸ばしましょう!!

スポンサーリンク

 

文系にとって数学は最大の敵といってもいいでしょう。
そんな数学の苦手を克服して、自分の得点源になったら、強みになりますよね!

数学の勉強方法はとてもシンプルです。

必要なものは紙とペン、教科書!そしてチャート!

 

数学が得意な人は何してる?

自分は数学を解くときは手が止まって何したらいいか分からなくなるのに、数学が得意な人はサクサクと手を動かしていているのを見ていると、この違いは何だろう・・・と嘆きたくなりますね。

数学が得意な人は、苦手な人とは違った視点で問題を見ていることがあります。
この視点は決して難しいテクニックではないので、ぜひ文系の人も使って欲しいです!

 

視点1 答えの1つ前を考える

証明問題なんかだと、最初から結論が用意されていることがあります。
解答を書くときに、どうやってスタートさせて、途中にこうなって・・・のような純粋に答案を埋めようとすると時間がかかって手こずりますよね。

しかし、最初からシメの言葉などが決まっている場合、逆算して最後から1つ前にどんな式や関係ができあがるのかが思いつくと簡単に解けてしまうことがあります。

迷路をゴールからたどっていく感覚に似ていますね。

文系数学

複雑な計算問題にしても、答えの1行前の途中式がどうなるか予測できたら、そうさせるために自分で調節して計算していくことができます!
与式をジーっと見て硬直するより、何かできることはないか考えてみましょう。

 

 

視点2 なんでも図や表を書く

数学が得意な人は、問題文を眺めているだけで正解まで到達しているわけではありません。

頭の中なり、紙の上になり、問題文に沿った図や表や場合よっては絵を書いて頭をフル回転させてイメージしています。
文学を読み解くことに慣れている文系の人は、どうしても文章を見て「これは何を意味しているのか・・・?」と考えがちです。
しかし、文字よりも図や表を作って問題文を表すことでスッと頭に入る情報の量が増えて解きやすくなります。

 

 

とにかく問題を解けばいいわけ!?

取り敢えずたくさん問題を解けばできるようになるでしょ!?と思いましたか?

確かに、演習の量も数学の偏差値を上げるには大事です。
それよりも、間違えた問題をほったらかしにしないことのほうが大事です・・・!

 

例えば、提出物などで問題を解いていて、間違えた問題があったときは何していますか?
まさか赤ペンで答えを移して次の問題にいっているのですか??

 

大げさに簡単にいうとするならば、小学生の生徒に「九九を全部ちがっているけど1の段から9の段まで全部言えるから、割り算の実践に進みましょう」といってるようなものです。
もし、自分が先生なら「正しく九九を言えるようになってから割り算に進む」ように教えて、時間がかかってもいいから掛け算ができるようにする、などの解決策を施しませんか?

 

これの高校生バージョンをやればいいので、教科書の例題が自力で解けなかったら、解説を読んだり友だちに質問したりして、1人で最初から最後まで正解の解答が書けるように取り組むべきです。
扱う問題が難しいので、このようなことを忘れがちです。

 

上のことができるようになって、次の問題に進もう!となるのです、と思いますね。

 

躓いたところはできるレベルまで落として、這い上がっていきましょう。
なので、「じっくり1問1問解いて、数をこなす」進め方をしてください。
苦手な科目に挑戦するときは、時間がかかって当然です。
それでも真剣に勉強しようという意思があることを誇りに思って取り組んでみてください!
では、参考書の定番「チャート」を使った勉強法を紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

チャートは青じゃないといけないのか?

いわゆる有名進学校に通っている人は、学校で青いチャートを買ったと思います。
難関大学に合格している人で青チャートをボロボロにさせて受験勉強に励むことは定番中の定番です。

チャートには青の他にも黄色・白があります。
レベル別で赤チャートが1番難しいと言われています。

 

中堅高校に通う人は黄色チャートを買って、学校では課題として使用することもあります。
しかし、受験シーズンになると「青チャートにしないといけないのか・・・?」と心配になりますよね。
青チャートのほうが入試問題が充実している、黄色チャートで受験勉強を成功した例を見ない、などの理由で不安になるものです。

 

■青チャートは公式・解説が省かれていることが多い

青チャートは中級・上級者向けの参考書であるために、ある程度の基礎はできている体で解説されています。
すでに数学1A2Bともに偏差値60くらいあるなら、青チャートの解説でも十分理解できると思いますし、分からないところがあれば教科書で確認すれば解決します。

一方、黄色チャートは1問1問のハードルが低く、練習問題も数字を変えただけのものばかりなので、解き方を数こなして定着させたい人にはオススメです。

 

文系で数学の基礎がまったくないのに、青チャートはちょっとキツいかな・・・という感じでしょうか。
持っているとしても少し見栄張って持っているイメージを抱いてしまいますね。笑

いずれにしろ、学校で買ったチャートが青にしろ黄色にしろ気にすることはないですし、わざわざ買い直す必要もないです。

 

 

■全単元の例題を制覇せよ!

手っ取り早く偏差値を上げるには、広く浅く問題をこなしていくことが最短の近道です。
・三角関数(例題)→・確率(例題)→微分積分(例題)→ベクトル(例題)といった感じです。

難易度が低い例題を間違えなくなるまで練習しましょう。

数学 文系

これと教科書を何回も見なおしていけば、センター試験で問題を最後まで解ききるレベルには到達できるでしょう。

また、応用問題や総合問題などは2次試験レベルのものばかりで、手応えがあります。
2次試験は完答を目指すものではないので、6割くらいの解答を目指しましょう。

センターまでは例題をひたすら解きまくっていけば地道に偏差値は上がっていくはずです!!

 

 

公式の丸暗記は危険!?

数学の問題を解いていくうえで、公式を知っておくことが必須ですよね。
たくさんある公式を頑張って覚えたのに、少し問題がアレンジされていて途端に手が止まってしまった経験はありませんか??

新しく学ぶ公式は最初は丸暗記でもオッケーですが、覚えてきたら公式の証明にトライしましょう!
証明は文字を使っていくので、問題でどんな数字がきても、冷静に対処できるようになるための訓練になります!!

大学受験 数学

ずっと丸暗記だと、分からなくなったときに地歴みたいに答えを見て毎回思い出す作業をしないといけなくなります・・・
公式を証明できるようになってしまえば、頭から飛んでしまったときでも自分から逆算して公式を導けるので、もしもの場合でもあせる確率が少なくなります。

 

 

数学の勉強法の流れは
・問題が意味している情報を視覚化する

・具体的に数字を入れて計算する

・間違えてしまったらどうやれば正解できたか反省してやり直す

自力で最初から最後まで解けるようになったら次の問題へ進み、演習量を増やしていく!

に尽きます!

 

春夏に数学嫌い・苦手から逃げずに向き合ってきた人は、秋ごろにはじわじわと成果が表れてくるでしょう。
ぜひ数学が得点源になれるように勉強してください!
ふぁいとです!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です