勉強 · 学校生活

「高校英語が苦手」から脱出せよ!大学受験の勉強法が多すぎて困る!!

英語 嫌い

英語は大学受験で必須の科目で、文系理系問わずけっこう点数が必要です。
なのに、英語が苦手で苦しい思いをしている高校生が毎年全国にたくさんいます!!

 

受験勉強で英語に悩まされると、本当に精神的に参ってしまいますよね。
高校の授業の英語が使い物にならない・とにかく英語が嫌いで、でも大学を受けるから何かしないといけない・・・などと思っている人は、どうやって英語を勉強したらいいのでしょうか?

 

大学受験の勉強をするときに、ネットで調べるとホントにたくさんの勉強方法が目につきます。

見てみるけど実践しなかったり、どれが自分にピッタリあうものなのか決められないなど、多すぎる選択肢に迷う受験生は、いち早くこの負の連鎖から脱出しましょう!!

 

スポンサーリンク

 

英語の点数が悪いとやっかいです。
逆に、英語の点数が良いとそれだけで受験できる幅が広がるので、いち早く英語の苦手意識を壊す必要があります。

受験が終わるまで、英語を勉強しないといけないとわかっているのなら、やっぱり好きで楽しく勉強できるほうがいいじゃないですか!!

英語が苦手だけど、勉強しないといけない運命になってしまったからには全力で英語苦手を克服しましょう。

 

どこが嫌いなの!?

苦手意識を把握できる手っ取り早い方法は、英語の何が嫌いなのか紙にひたすら書くことです。
そして、それらの嫌い要素を解決できる方法はないか、きちんと考えてみることをしましょう。

「アルファベットが嫌い」「英語にアレルギー反応を起こす」などの症状がある人は、むしろ大学受験をしないほうがいいかもしれないですね。
大学に行かなくても生きていけますし、英語をまったく分かっていなくても日本で生活することはできます。

とにかくネガティブな感情を紙に吐き出しましょう!

 

 

■高校の授業がとにかく嫌い

もし、英語自体は嫌いとは思わないけど、学校の授業はとにかく納得いかない人は、自分のペースで勉強することをオススメします。
勉強する意欲があるのなら、1人でもできます。

参考書や問題集はなんでもいいです。
あとは、自分の好きなように、目標の偏差値を目指して勉強しましょう。
自主的に勉強することに邪魔はしません。

 

 

■文法が難しい・・・

〇〇用法だの△△詞だの難しい文法用法で頭が混乱してしまいますよね。
ぶっちゃけていうと、このような難しい日本語は覚えなくてもいいです!笑

文法が難しいなら、単語を覚えましょう。
redは赤、blueは青、くらいだったらできそうじゃないですか!?

これと同じ要領で短い言葉や覚えたいものから調べていきましょう。
コツは、音声を流してどうやって言うのか音を聞くことです。

 

興味あるものを1単語ずつちまちまやると、発音が分かってスペリングが分かるようになります。

ちなみに、この英語勉強法で成功しているのが福士蒼汰さんです。

 

そして、教科書や参考書にのっている文章をひたすら暗記してしまいましょう!!
紙に真っ黒になるまで書いたり、言えるようになるまで繰り返し声に出すことで暗記できます。
分からない単語は調べて、ブツブツ英語と意味を繰り返して言えば、だいたいの英語の文章は覚えられます。

 

 

なんで高校の英語は難しいのか

高校の授業って退屈で、英語は説明が多くて、授業の時間は何したらいいのか分からないですよね。

授業 つまらない
そんな状況なら、教科書もつまらないし、提出物も低レベルのものに見えてしまうのも無理はありません。

 

理由1 教えないといけないことが決まっているから

学校の英語の先生は、たいていの人は純粋に英語が好きで、生徒に勉強を教えることが好きで教師になった人ばかりです。

しかし、教科書は教育委員会が決めたものだったり、「この日までにこの文法を扱った授業をしてくれ」などといった上からの成約が多くて、せっかく好きな英語も単なる授業消化の単純作業となってしまうのです。

英語の先生たちは、自分で苦労して勉強した人ばかりで、その先生なりの勉強スタイルがあるはずです。
ですが、昨今の労働環境や授業をする上でのルールなどが複雑に絡んで、授業がつまらないものになってしまっているのです。

 

理由2 生徒が自主的に勉強しないから

教師たちはグイグイ食いついてくる生徒が大好きです。
休みの時間などに、プライベートなことやくだらない会話で盛り上がることがありますよね。

先生自体は好きなのに、授業が難しいもの・楽しくないものだと感じてるのは100%先生のせいではありません。
つまらないと感じる生徒側にもいくらかは責任があります。本当です。

 

部活が遅くて授業中に爆睡している生徒、勉強がおいつかなくて放棄している生徒の前に立って、チャイムが鳴るまで喋らないといけない授業は、かなり教師のメンタルにきます・・・!

 

また、自習の量を増やして勉強ができるようになると、「なんだ、この先生の授業、実はいいこと言っている」なんてことに気づくようになります。
授業の基本は先生の話を聞くことではなく、自分が先に調べておいて話を聞くことなんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

大学受験の対策

英語は語学として学ぶのならネイティブとコミュニケーションをとったりして勉強します。
しかし、大学受験として英語を勉強するなら、受験ならではのテクニックがどうしても必要となります。

試験問題にでてくる英語の構文・長文読解などで点数をとるためには、地道な勉強を重ねることが最短で成績を伸ばす方法です。

 

■英単語・熟語

単語・熟語は年間を通じて勉強し続けたいですね。

ターゲット、システム英単語、ユメタンなどなど単語帳は様々ありますが、結局は覚えてしまえばなんでもいいです。
旧帝大・難関私大や医学部受験生は鉄壁をボロボロにしている人もいますね。

英語 大学受験

どれにしても、他の単語帳に浮気しないで使い込むことで力をつけていきます。
なので、春には愛読する英単語帳を決めておきたいところです。

 

読めるようになるには声にだして練習し、スペリングを正しく書けるようになるには何回も書く練習をしましょうね。

文法をどうこう言うにしても、リスニング対策にしても、イディオムだの専門分野の単語だの言う前に、どんな試験にも登場する単語が分かっていないのでは話になりません。

 

 

■英語構文

学校の英語の教材に、構文や短い文章の英語がたくさん掲載されているものがあると思います。
学校によっては「ライティング」などという名前で授業をやっていると思います。

英語の1つ1つの文がどんな仕組みなのか理解するのを学べるテキストです。
日本語とは文のつくりが違うので、難しいと感じるのは普通です。

 

英語を勉強するには、英語を見て少しずつ勉強していきましょう!
解説を読むと「主語」、「動詞」などの品詞の名前も頻出して、言葉を論理的な視点で学ぶので、最初は戸惑うかもしれないですが、根気よく続けると長い文章になったとしても読めるようになる回数がぐんと増えます!!

 

 

■長文読解

短い文章が読めるようになったら、いよいよ長い文章に挑戦していきましょう!
模試にも長文問題は必ず出題されますし、1問1問の点数が大きいので、ここでしっかり特典したいですね。

記号問題のもの、日本語で答えを記述するもの、英語で解答するもの、様々な問題があると思います。
いろんなジャンルの文章をたくさん読んでいくと、自然と英語を読むスピードもアップします。

夏休みには長文読解をまとめて解いて解いて解きまくって英語の力をつけましょう!

 

そして、そのためにも1学期には単語・構文・文法を一通り把握しましょう。
1学期にハイスピードで勉強できると秋のスランプも乗り越えられる強さが身についていると思います!!

 

 

伸びる人は間違えた問題をできるまで解き続ける!!

成績が伸びるスピードは個人差があります。

なかなか思うように勉強が進まなくてイライラしてしまうこともあると思います。
しかし、成績を伸ばせる人はどんな人も難しい問題に積極的に挑戦して、間違えたとしてもできるようになるにはどうしたらいいのか考えています。

間違えたところを解き直して、マルを増やしていくことを続けていると、その個人で偏差値が上がる時期にはきちんと上がっています。

 

あとは、ハングリー精神を維持すること、疲れたときにはスパっと中断しましょう。
思いっきり遊んでリフレッシュすることを心がけて受験生活を過ごしてください。

知識は最高の財産です。ふぁいとです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です