ライフスタイル · 学校生活

高3だけど進路が未定なんです!夢がなくても大学に行かないとダメ??

夢 ない

 

「将来の夢は何?」と聞かれて毎回こまっていた人もいるかもしれませんね。
高校3年生になってみて、卒業後の進路について、書類を書いたり担任と話しあう機会も増えてくるでしょう。

そこで、自分にはやりたいことがなくて、どうしたらいいか分からない人向けに、少し文章を書こうと思います。

なぜそんな思考回路をもつようになったのか・とりあえず大学受験すべきなのか・就職したくないけどお金は欲しい・・・などなど

「何かやりたいことを見つけましょう!」の呪文はいったん忘れましょう。

 

スポンサーリンク

小学生のときから、自分のやりたい職業やこうなりたいという人物像がはっきりしている人もいれば、特に考えることもなく学校に通っていたら進路を決めるときになってしまった人もいるでしょう。

しかし、自分たちは大学に行ったこともなければ働いたこともないのです。
悩むのが普通だと思います!!

 

 

どこにしたらラクか?を考えがち

 

大学進学する人の中には「自分はどこの大学に行けばいいのか?」と考えている人もいます。
「〇〇学を勉強したい・実家からでたい・受験勉強もがんばりたいから、△△大学を希望してる」という人がとても少なく感じます。

また、多すぎる選択肢に選べないと思っている人もいませんか?

夢 決まらない
「賢い選択はどっちだ!?」を重視してる人がけっこういます。

ですが、このことに悩むには経験値が少なすぎで、いつまでたっても友だちと「お前はどうした?」みたいな会話をしているのです。

そんな状況だけど「どっちがいい(ラク・優れている)と思う?」なんて悩んでしまうのは、今までの学校教育に思考の自由を吸い取られたせいです。
何でもかんでも○×クイズみたいに、人生にまで正解や間違いを作ってしまいました。

 

 

「とりあえず大学」という意見

はっきりした進路が決まっていないのなら、今は勉強することが1番じゃないの?という意見もあります。

 

とりあえず入れるところの大学に行っとけという人は何を考えているのかというと・・・
・大卒だといろいろ有利だから(学歴社会)
・勉強をしてくれるから
・大学でやりたいことを見つける場合もあるから
・同年代が多く、親も大学に行かせておけば安心だから

 

など、専門よりも大学のほうがなんとなくいっか~と感じて、フラフラ迷い込んだみたいに大学にはいるのです。
なので大学に入学したら、目的が決まっている人とそうでない人では学校生活が全然ちがいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

必要なのは体を動かすこと

 

進路どうしよう・・・と考えている人は、「考動力」を働かせています。
それよりも、失敗も成功も分からないなら、自分の体で体感するほうが大事だと思います。

どんなに偏差値の高い大学に行っても、将来何しようと悩む人はゴロゴロいます。

進路 決まらない

自分で何かしたいと思わない限り、目標・やる気がないのならどんな進路でも同じだと思います。

 

自分の好きな仕事や勉強の分野はやってみないと分からないです。
「これだー!」と思うのはある程度数をこなして実感するものですよ!

そして、進路=大学進学、専門学校、就職ではありません。
大学入ってみて、つまらなかったら辞めればいいし、高校卒業してからバイトして留学するもオッケーです。
やっちゃいけないことなんて無いのですから。

自分の皮膚感覚でピンときたら、タイミングを逃さないでくださいね!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です