勉強

【大学受験】古文の勉強法が分からない!センター古文が難しいのはなんで?

古文

大学受験の国語の中で古文に歯がたたない人がけっこういます。
しかし、古文はきちんと勉強すれば得点源になる科目です。

にもかかわらず、古文に力を入れて勉強している人ってあまりいないんじゃないかと思います。
また、古文が苦手な人は、大学受験に必要な古文の基礎を学校で身につけられていません。

 

センター古文はマーク式ですが、時間の少なさと文章内容の難しさかた、簡単とはいえないです!
「理系だから古文ができない」「私大文系で記述があるからどうしよう」と悩んでいる人は、最後まで必見です!!

 

スポンサーリンク

古文は「まあ読んだらだいてい行ける」と軽視されがちの科目です。
国語の中でも、全体の30%くらいの得点にしかならないという理由で、古文を捨て科目にしている人もいるかもしれませんね。

 

そこで、捨て科目にする人が多いからこそ、古文の勉強ができれば、国語の得点も上げられます!
暗記量も少ないし、嫌いな人が多い分野が自分の味方となれば、ライバルとの差も離すことができます。

 

 

古文も立派な語学!!

 

古文は日本語ではあるものの、今とは文法も単語もちがいますよね。
なので、「古文=語学」というイメージをつけることから始めましょう。

 

言葉の勉強なんだ!と思ったら、まずやってみることは基本単語を覚えることです。

自分の持っている単語帳を見て、基礎のジャンルにある単語は時間がかかってもいいのでマスターしましょう!

 

 

■文法を短期集中で学ぶ

大学受験の古文が解けるようになりたいと思ったら、高校の教科書は参考になりません。
教科書は文章がひたすら書いてあるだけなので、単語・文法が分かっている人向けの教養の本だと思ったほうがいいです。

 

そこで、文法を勉強するときは、うすーい初心者向けの参考書を使いましょう。
字が大きく、古文できない自分でもやれそう!と感じたものなら何でもオッケーです。

古文 勉強法

単語と文法だけを1・2ヵ月くらい頑張れば、まあまあしっかり基礎が定着しますよ。
量としては、英語文法知識の10%くらいの量だといわれています。

 

 

 

■だいたいできるようになったら読解!

古文の問題は、ほとんどが読解問題です。
たまに、文法や作者名などがでてくるくらいです。

だいたい頭に入るようになったら、少し長めの文章で読解に挑戦してみましょう!

そこで間違えながら単語の再確認もできます。

 

また、読解ができなくても、話の場面が思い浮かんだら問題が解ける場合もたくさんあります。
たとえば、「〇〇物語」と出てきたら、主人公は誰で、どんな人物関係があって、ストーリーはこんな感じ・・・と現代語訳でもいいのであらすじを知っておくことをオススメします。

 

そうすると、ネタバレした状態で問題を解くので、取り組みやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

学校は覚えなくてもいいとこばっかやってる事実

 

 

高1・高2のテストで助動詞の活用を無理やり覚えさせられた経験はありますか?
口でブツブツ言って活用を覚えることが、重要だと勘違いしている人がとても多くて正直可哀想です。

 

古文が読めるようになるには、そんなに細かく覚える必要はなくて、大事なのは意味・訳(・接続)です!!

 

読解にでてこない文法を暗記しようと無理しないでください。
ちょっとは出題されるので、まったくやらなくてもいいわけではないです。
しかし、出題される量は必死に覚えてる割には、案外少なくないですか?

 

古文を書いていた平安時代や鎌倉時代の人たちが、文法の勉強をして、完ぺきに覚えて「あ~竹取物語おもしろいな~!」と感じてたのでしょうか?

センター古文

活用を暗記しないと「源氏物語はなんて素敵なの!」と感動できなかたのでしょうか??

 

 

 

センター対策は「とにかく読む」につきる!!

センター試験は制限時間が少ないです。

速く読めるようになるには、読むスピードがあがるように経験が必要です。
その経験とは、読解量と演習量と勉強の質でしょう。

 

理系で古文漢文ができる人は、ワンランク上の国立が狙えるかもしれません。

 

センターレベルにこだわらず、二次・難関私大向けの古文を読んで経験を重ねましょう。
何百という数で読み込んだら、確実に読むスピードは速くなるし、点数もあがります!

 

ふぁいとです!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です