ライフスタイル · 学校生活

「ニキビは潰すと増える」は場合による!!対策が大事なのは夏!?

 

ニキビに関して、真逆の意見が知られていますね。
「ニキビは潰してしまったほうがいい」説と「ニキビは自然に回復するのを待つに限る」説です。

 

ニキビがたくさんある肌では見た目が悪いし、できれば何もない肌になりたいですよね。

そこで、ニキビには潰すときのコツ・これ以上ニキビが量産されないための予防法などを紹介します。

 

また、ニキビは夏にできやすくなるのは何故なのかも調べてみました。
その原因などについては、記事の後半で紹介します!!

 

スポンサーリンク

ニキビができやすい体質は、親の遺伝によるものです。
そして、子どものころからの生活環境も深く関わっています。

もし、ニキビ肌で悩んでいる場合は、睡眠や食事などを見なおしてみてください。

 

潰してもOKなニキビと安全な潰し方

ニキビを潰すと菌が飛び火してもっと増える、などと聞いたことがあるかもしれません。
実はニキビの菌はそんなに感染力は持っていません。

潰した場所の周りにニキビが増えてしまうのは、潰したあとに清潔にしなかったからです。

 

■潰せるのは白いニキビ

ニキビのてっぺんが白くなっているものは、潰したほうが治りが早いです。
皮膚科医が白ニキビを潰してしまうのは「ニキビの中のつまった汚れをさっさとだしてしまおう」という理由にあります。
自分でも潰せることはできます。
そのときは、道具・指をキレイにしておきましょう。

 

白い芯みたいのをニュルっと出して、毛穴の中の老廃物をすっきりさせましょう。

ニキビ
そして、あまり痛くないと思いますが、少しだけ血が出る場合もあります。

 

なかなか潰せないときは、絶対に無理やり潰すことはしないでくださいね。
ニキビは自然治癒で治るに越したことはありませんし、いじりすぎると赤くなって腫れてしまいます。

 

 

■白いニキビ以外は触らないで!!

白ニキビが進行して赤くなったり黒くなったりします。
このようなニキビを潰すと、後々「クレーター肌」になる可能性がグッとあがります!
赤・黒ニキビは潰したときに、一見キレイにできたと思っていても、皮膚の奥深くで汚れが溜まったままになります。

そして、新しい皮膚が再生されたときは表面だけキレイになって内部は修復されないままになるのです。

 

もし、ニキビをすぐ触ってしまう人はストレスや緊張などが原因だと思います。

ニキビ 潰す
そしてクセになると治りがどんどん遅くなる→ニキビが消えないという悪循環に陥ってしまいます。

ニキビは高校卒業くらいから落ち着いてきますが、ニキビ跡は大人になっても治ることはありません!

 

「今だけは、ホルモンバランスも不安定で皮脂が多く出るときもあるのはしょうがない!」と割り切るのも大切です。
また、水分不足・乾燥などもニキビを作る原因なので、自分の体調を気遣って最小限のニキビで大丈夫なようになりましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

夏になるとニキビが増える理由

 

夏は皮脂分泌量が冬の2倍多いそうです。
これに加えて、外の暑さ・室内の寒すぎるエアコン・汗・紫外線がニキビを作ってしまう元になります。

 

夏ニキビの特徴は
・1つ1つが大きい
・暑い間は治りにくい
・赤ニキビになりやすい

など、ニキビ体質にはやっかいなものばかりです・・・

 

 

 

■体ニキビも顔と同じケア!

背中・胸は体のTゾーンと言われていて、比較的皮脂が多いです。
しかし、体はテキトーに洗っておしまい、な感じで見落としがちです。

顔も体もお風呂あがりは化粧水で優しく保湿しましょう。

ニキビ 夏
学校でベタベタを感じたら、あぶらとり紙でふきとったあとにミストなどでスピード保湿すれば、いつでも気持ち良い状態をキープできると思います!
ただし、ゴシゴシ皮脂を拭き取ることはNGです!

 

また、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB6は紫外線の肌荒れ予防に働いてくれるようです。

ニキビによる汚肌から脱却して、将来自分の肌に自信が持てるようにケアしましょう!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です