ライフスタイル · 学校生活

寝る前にリラックスできる方法を持つべし!良い睡眠がとれるとマジ最高!!

睡眠 質

 

夜なかなか眠れないから、いつもだるい・・・!
そんな人は要注意です。

 

睡眠不足はあらゆることを阻害します。
たとえば、背が伸びない・肌荒れ・記憶の整理・筋肉の回復・・・などです。

 

元気になるのに必要な睡眠時間には個人差がありますが、寝る前の習慣を意識すれば、睡眠の質はグッとあがります。

 

寝る前にリラックスできれば、その後の睡眠もスムーズに導入できます。

自分ができそうなことから、睡眠の質を高めて、毎日すっきりした気分で生活しましょう!!

 

スポンサーリンク

 

テスト前だと特にそうですが、「睡眠時間が短いアピール」をする人がいますよね。

その時間で満足した睡眠ができているなら別ですが、疲れている自慢は何もカッコよくありません。
自分の体を酷使してるアピールは全然スゴいことではありません。

 

睡眠

本当は毎日爆睡したい!!と思っている人は、世界の成功者などが行っている「寝る前の習慣」をマネしてみましょう。

 

 

 

睡眠が1日で最大のビッグイベント!!

 

その日ごとで1番のできごとは変わると思います。
〇〇のライヴに行く、部活の試合がある、新しい髪型にした、などこれらは全て起きているときのできごとです。

睡眠の質を高めてぐっすり眠るには「どんな日も寝ることが1番のイベント」にすることがコツです。

 

そのために寝る前にオススメのリラックス方法を紹介します。

 

 

■部屋の照明を暗くする

強い光を浴びていると、目が興奮してしまい、リラックスした気分とは離れた状況を作ってしまいます。

部屋の電気と勉強机の電気がある人は、大きな電気を消して暗い部屋でメンタルを落ち着かせてみましょう。

 

アロマキャンドルなんかで暗くするとオシャレですね!

寝る前 リラックス

海外では、特に寝る前の部屋の香りは重要視されています。

上品な誕プレとしてオススメです。

 

 

 

■今日あったこと・明日やることを書く

いわゆる日記です。

日記というと堅苦しく感じてしまう人は手帳のデイリー欄にメモする・ツイッターなどに今日の出来事をつぶやくクセをつけるなど、ちょっとしたことでできることに挑戦してみましょう。

頭の中が整理できるので、モヤモヤした気分から開放してくれると思います!

 

 

■周りの騒音をシャットアウトする

うるさいところやイライラしている状態では眠れないですよね。

 

周りの話し声やザワザワした音から離れるように、静かなところに身をおきましょう。
自分の好きな音楽で自分の世界に入り込むのも、すごくいいですね。

 

 

■本を読む・好きなことをする

好きな本を読んだり、筋トレやストレッチをして自分を満足させましょう。

ビル・ゲイツは毎日1時間の読書を寝る前にしているのが有名ですよね!
筋トレやストレッチをして、疲れた勢いで寝てしまうのも熟睡にはいいんじゃないですか??

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

睡眠をきちんと取れる人は強い!

 

 

■体調管理が上手い

起きているときの体調に敏感になれるので、「今日はいっぱい寝よう」などの調節が上手です。

自分の体を常にベストコンディションにすることを重要視しているので、周りに振り回されることも少ないです。
そのため、自分のための時間を作るのが得意で、好きなことに費やす時間を増やすことができます。

 

 

■老けない!!

寝る前

肌や筋肉の回復は睡眠中に行われます。
そのため、老化した細胞が減って、元気な細胞が増えます。

また、成長を促したり、ダイエットにも効果があるのは、もうお分かりですよね!!

 

 

■いつも冷静でいられる

夜中のテンションってありますよね。

睡眠をとっていないがゆえに、どんなことをしでかすか分かりません。
常に冷静な判断ができると、今自分がやりたいことをやろうと考えることができます。

 

 

しっかり眠れる人は自分の体にも心にもいいことをしようと意識している人ばかりです。
ぜひ、寝てないアピールを辞めて、ぐっすり眠って充実した日々を増やしましょう!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です