漫画

鳥山明先生の自宅住所がバラされた!?尾田栄一郎先生と年収トップ争いしてる!

鳥山明

 

不朽の名作をたくさん生み出した漫画家・鳥山先生。
ドラゴンボールやアラレちゃんなど、昔の作品なのに、今でもずっと人気が途絶えることがありません!!

 

過去にジャンプ編集者のミスで、愛知県にある鳥山先生の自宅住所がバレてしまう出来事がありました。
少し気になってしまいますね。

また、超売れっ子漫画家なので年収もかなりの金額だと思いませんか。
『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎先生とどちらが儲かっているのでしょうか??

 

スポンサーリンク

鳥山明先生は名古屋出身で現在も愛知県に住んでいらっしゃいます。

メディアに露出するのをあまり好まないため、テレビに出演したのも過去に数回程度です。
そのため、余計に鳥山先生のプライベートが気になるファンが多いようです。

 

 

自宅は愛知県清須市!?

名古屋から3駅ほど離れた清須市に自宅があるようです。
清須市というと、都会と田舎が混ざった感じのところですね。

DSC_0010

地元の人からは「アラレちゃん御殿」と呼ばれているんだとか。
表札も「TORIYAMA」(サインは受け付けてない)、事務所名bird studioの表記もあるみたいですよ!!

ここで鳥山先生は奥さんとアシスタントさんとお子様(もう自立した?年かも)と過ごしているのでしょうか。

 

しかし、この建物が本物なのかどうか気になるところです。
画像が流出直後から、プライバシーの公開を理由に集英社が削除依頼を出しています。

なので、信ぴょう性はかなり高いといえますね。

 

また、鳥山先生の神的エピソードが有名です。
「静かな田舎に住んでいるため、原稿を東京に送るのが大変だったので、空港までの道路を一本道にしてもらった!」というものです。

『アラレちゃん』の原稿を描いているときに、疲れきった体で車を運転するのが苦痛だったそうです。

一時期は東京に移住することも考えたようですが・・・

 

このお願いを叶えた理由は、道路を作ったり整備したりする清須市が、漫画の世界で活躍されていて市に多額の税金を収めてくれる鳥山先生を市に残したかったから。だそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

尾田栄一郎のほうが稼いでいる!?

 

言わずと知れた『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎先生。
世界中で翻訳されている漫画・アニメ・各種グッズなどの売上などを合わせた年収はなんと31億円らしいです。

 

税金やもろもろ保険料などを引くと、手元に残るのは17~19億円ほどだそうです。
およそ半分も取られるの!?と唖然してしまいますね。

それでも17億です。笑

 

ちなみに、鳥山先生の年収(連載期)は14億ほどで、現在でも5億は稼いでいるという噂があります。
また、ももクロが主題歌でアニメを放送しているので、すこし伸びるかもしれませんね。

 

 

おまけ:最終巻出すまで死なないで!

 

ところで、漫画家はニート同然のようにみなされている風潮があります。
毎日会社に行くわけでもないし、朝早いとかもないし。

鳥山明

しかし売れっ子レベルになると、実際には締め切りに追われ、ひたすらアイデアを絞り出したり原稿を書いていたりとブラックに近いです。

例えば、連載時代の鳥山先生は睡眠は3日に1回で3時間、6日連続オールなど・・・
漫画家が早死する原因も理解できますね・・・

 

長時間座りっぱなしの作業は体の負担も半端じゃないです。
(みなさんも授業中とか模試とかそうですよね??笑)

 

そんな満身創痍で制作している漫画家が休業を発表したりすると、「はよ新刊だせ」だの「読者を暇にさせるな」などのヤジが止まらないのも事実です。

これだけのヒット作を生み出している方々なので、「先生ありがとうございます!!」という気持ちで楽しみたいですね!

鳥山先生も60代に突入してしまったし(生で見ると普通のおっちゃんby清須市民)、尾田栄一郎先生もお子様がまだ小さいので、どうか急死などにはなってほしくないです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です